買取業者に郵送する場合は宅配業者の指定に気をつけて発送しよう

最近ネットでの買取のサービスが便利になってきています。ネット上の業者を利用する場合には、郵送で行うこととなります。

ただ郵送で行う場合は、いろいろな注意点を守っていかないと、さまざまなミスが生み出されてしまうことになります。特に必要なことは、業者が指定している郵送方法にすることが大事で、これを誤ると送料を請求されることがあります。

何でも可という買取の業者なら別ですが、特定の業者だけしか認めないケースもありますので、そういった状態については気を付けなければなりません。一番多いのは着払いでの郵送ですが、このときは着払いを指定する業者が限られていて、指定した業者以外は送料を請求すると記載していたりすることがあります。折角送ってみようと思っていたのに、近所の業者が駄目だと言われるケースも多々あり、結局遠い場所まで行って指定しなければならないようなこともあります。一応業者などから来てもらう方法はありますが、時間が合わないのでなかなか出来ないようなこともあり、自分から持って行ってみた方がいいです。

image

出来る限り近くの業者で対応できるかどうかは注意しておくことになります。

また郵送する場合、小さなものだけであれば自分で送料を負担して、安い方法を採用することもできます。単に番号が指定されていないことによって、発送した時に問題となるケースがある他、郵送事故に巻き込まれて届かない状況だってあります。買取品が到着しない場合、安いものだと送料以外は保証してくれないことが多いので、保険が適応されるような発送方法が望ましいです。


買取のときには、高くてもいいから安心できるような発送を行った方がいいです。買取の手間を省くことが出来るため、ネットでの買取は近頃でもよく行われています。配送する方法が一番大事なことで、ただ単純に発送しておけばいいのではなく、特定の業者が指定されているケースもあることを理解してください。そして指定を間違えると買取の価格から送料をひかれてしまうので、自己で指定している業者なのかを確認する必要があります。